安心した生活

環境問題と並行して害獣駆除を行う

害虫を駆除することは私たちの暮らしを円滑にするために必要です。ところで昔の害虫と今の害虫の違いというとどんな違いがあるかご存知でしょうか。私たちが自由に海外に行き来するようになってから、飛行機に乗って、あるいは輸送貨物などにより外国の虫が日本へ入り込んだ結果、日本では害虫の数が増えていると言えます。殺虫剤も新たに良く効くものが販売されている一方で、昆虫学的見地から害虫たちもその薬に耐性を持ち始めているといった進化を確認出来ます。地球規模で環境問題や生態系を考えつつ、害虫駆除というものはサービスや事業において進めるべき分野と言えます。

種類別の殺虫剤があるということは地球に異変がある証拠

アフリカでは草原がなくなり砂漠化が進んでいます。生物が住める環境がどんどん少なくなっているのは生態系が崩れ始めているからです。北極では氷が溶けホッキョクグマも餌を求めカナダ国境付近での確認があります。東南アジアの森林伐採によりオラウータンも激減しています。地球温暖化によりすべての生態系に異変が起きていると言えるのです。害虫が大繁殖をしたりすることも環境の変化によるものだと判断して良いでしょう。害虫駆除をするための害虫駆除剤の種類が豊富なのは商売繁盛というより、地球問題としての危機感を感じずにいられません。今後、未来のために害虫駆除を進める中、害虫に対する研究を科学という分野で原因と対策を考えていくことも必要と言えます。

Design by Megapx . Template by s-hoshino.com